フィルムカメラの良さと不便な点

2年ほど前に、父親が昔使っていたフィルムカメラを実家で発見しました。今まではカメラといえば、使い捨てか携帯やiphoneのカメラ機能しか使ったことがなかったため、興味が湧いて使ってみることにしました。

フィルムカメラで撮った写真は、少しレトロでおしゃれな感じになるので、ちょっとした写真を撮っても、作品を作る感じですごく楽しめます。

また、現像するときまで上手く撮れているかわからないワクワク感があり、良かったです。

しかしその反面、不便な面も少なからずありました。

使ってみてまず、フィルムの入れかたがわからないという問題がありました。カメラの後ろ側は開くのですが、少しフィルムを引き出して、奥にしまい込むという行程が必要なことを知りませんでした。ネットで検索しなければ絶対わからないな、と思いました。

また、少し気が引けるのは、フィルム・現像の代金を合わせると、結構お金がかかるというところです。軽い気持ちで始めましたが、現像が毎回2000円以上する上に、デジタルのようにすぐパソコンに保存できないと考えると、なかなか時間もお金もかかる方法であるような気がしました。

フィルムカメラは、時代の変化によって廃れた文化なのかなと思っていたのですが、若い人の中ではあえてフィルムで写真を撮ることが趣味という人もいるようで驚きました。少し不便ですが、スマートフォンのアプリの手軽さとは異なった魅力があるのかもしれないと感じました。